京友禅染め附下着尺 -あかね匹田菊-

絶世の美人額田王(ぬかたのおおきみ)が〝万葉集″巻一
「あかねさす紫野行き標の行き 野守は見ずや君が袖振る」と詠み
聖人の御領地はあかね色の光に満ちるとされる日本の古代色〝あかね″を思い切って染め上げ
高尚な匹田菊を飾りました。